menu

ホーム

お電話でのお問い合わせ

イベント情報一覧

コレクション展III『舵輪と号鐘』

イベント情報2017.12.14

コレクション展III『舵輪と号鐘』

呉史料館開館10周年を記念して開催しているコレクション展第三弾『舵輪と号鐘』を開催いたします。

進路を定め方向を操るための舵輪(だりん)
悪魔祓いのためや、警鐘や時鐘など時代によって役割を変えつつ、今もなお艦艇に備えるられている号鐘(ごうしょう)
役割や時代、大きさなどの違う「補給艦」「護衛艦」「敷設艦」「掃海艇」の4隻の舵輪と号鐘を中心に呉史料館の収蔵品をご紹介いたします。

開催概要

【期間】平成29年11月1日(水)~12月28日(木) 平成30年3月12日(月)
【場所】海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館) 2F 特設スペース
【入館】無料

 

開館10周年記念コレクション展III 『舵輪と号鐘』 チラシ(PDF形式 1MB)

期間延長

当初平成29年12月28日(木)まで予定しておりました期間を、平成30年3月12日(月)まで延長いたします。

見どころ 『てつくじ × 呉高専』

今回のコレクション展では、小型掃海艇の舵輪と号鐘を展示するための展示台を呉市阿賀にある呉工業高等専門学校の生徒さんが、インキュベーションワークという授業の一環としての制作いたしました。
コレクション展期間中会場にて展示をしております。
展示台にも注目してご覧ください。

呉工業専門学校
インキュベーションワークの紹介
学生さんによる感想 「てつのくじら館「舵輪と号鍾」の展示台作製」

展示台制作風景

設置風景

展示品を追加いたしました 2017.11.20

護衛艦(練習艦)「まきぐも」が除籍した際に関係者へ配られた記念品の小さな号鐘を追加展示いたしました。
てつのくじら館協力会会員で、元「まきぐも」乗員の村谷仰司さん提供によるものです。

一覧に戻る